このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 初心者ガイド 暗号通貨取引の始め方|coinchekで法人口座解説に必要な書類

暗号通貨取引の始め方|coinchekで法人口座解説に必要な書類

15view

2018.01.18

「coinchek」で仮想通貨投資!

「coinchek(コインチェック株式会社)」とは、現在ビットコイン取引のアプリ利用者数国内No.1の仮想通貨交換所です。特に仮想通貨初心者からの評判は上々で、スマホのアプリからいつでもチャートのチェックができるというのは非常に便利で人気です。

他の仮想通貨交換所と比較すると、親しみやすいホームページ作りとわかりやすい構成で「初めて仮想通貨(暗号通貨)の世界に参入するのにはピッタリ」の会社といえるのではないでしょうか。そこで今回はコインチェックで法人として口座を開設したい!場合の手順を解説いたします!

法人口座開設|必要書類

本人確認書類(写真付き/運転免許証やパスポートなど取引担当者個人の身分証明書)

注:運転免許証の場合は表裏両面の写真/また代表者と免許証・パスポートなどが一緒に写った写真も添付(免許証・パスポートの内容が指などで隠れないように代表者の顔の位置で持っている写真)

法人名義の銀行口座通帳の表紙の写し
発行から6ヶ月以内の会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明/全てのページ)の写し

法人口座解説|作業の流れ

では実際に口座開設の流れを、順を追って解説していきたいと思います。

無料アカウント登録

登録に使うパスワードはSNSなどのアカウントでも作成できますが、セキュリティの面ではおすすめできません。パスワードの使い回しはハッキングの被害にあいやすいので、できるだけ20文字以上の英数記号で3種混合の複雑な文字列での登録がいいでしょう。

本人確認手続き

アカウントを作成したら「設定」画面で本人確認の手続きをします。この時に「個人」もしくは「法人」を選べますが、まず電話番号によるアカウントの有効化が求められます。本人確認時に上記で準備した書類をすべて送信します。

本人確認の書類送付が終了したら口座開設の手続きも終了です。翌営業日中には登録完了メールが届きます。書類の添付に不備があった場合は非承認となりますので気をつけましょう。

法人口座開設|手続き後の流れ

ネットによる口座開設の手続きが完了したら1、2週間後に確認証明用のハガキが届きます。そのハガキを受け取った時点で口座への入金が可能になります。つまりアルトコイン(仮想通貨/暗号通貨)への投資が可能になるということです。

セキュリティチェックは万全に!

登録時のパスワードにしてもそうですが、管理は自分自身でしっかりとおこないましょう。2段階認証はもちろんのこと、ブラウザにパスワードを保存しない・チャット内のリンクは踏まない/見ない・できるだけメジャーなアルトコインに投資する、などの自己防衛を徹底することが肝心です。

コインチェックで仮想通貨投資!売買?それとも取引?

コインチェックでは仮想通貨の販売所と取引所の2つがあります。販売所とはその名のとおり気に入ったアルトコイン(ビットコインやイーサリアムなど)を、チャートをもとに比較検討し購入すること。取引所とは不特定多数のユーザー間同士で取引をおこなう、いわばプラットフォーム的な役割の場所。

取引所は販売所と違ってビットコインやイーサリアムのレートを自分で設定して売り買いできます。初心者には最初は販売所での購入の方が簡単かもしれません。ですが販売所での売買は価格や手数料が高くなる場合がありますし、売る時はほぼ価格は下がります。長期で売買を繰り返すのであれば取引所での投資の方が有利です。

慣れてくると次第に自分でアルトコインを生成してGETできる「マイニング」もこなせるようになるかもしれません。そしてマイニング作業でもそうですが、気になるウォレットの管理は徹底しましょう!

コインチェックにも専用のウォレットが準備されていますが、かの有名なマウントゴックス事件のような被害にあわないためにもできるだけ外部の信頼できるウォレットを利用した方がいいかもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る