このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 アルトコイン BCPT / BlockMasonが開発した「Lndr」アプリが正式リリース決定!!

BCPT / BlockMasonが開発した「Lndr」アプリが正式リリース決定!!

183view

2018.03.04

BlockMasionが開発した個人向けアプリケーション「Lndr」の公式リリースが決定しました。

Lndr」は世界初のイーサリアムの分散型プラットフォームを採用してしています。

現在、計画だけでプロジェクトが進んでいないICOや通貨のが多い中で

目に見える形で進んで行く事は非常に重要な事です。

今後も、第2、第3のリリースを予定しているそうなので「BCPT」に注目です。

BCPTはバイナンスで購入可能です。

Lndr」は日本時間3月6日に正式リリースされます。

 

■BlockMasonとは

 2018年2月21日より「Bitrex」及び「BitBTC」に上場し、益々取引量が増えてきているBlockMason。イーサリアムブロックチェーンのテクノロジーを駆使し、イーサリアムを現在よりも日常生活で使い易くするために、イーサリアムベースの債務/債権の発行や、貸借情報の記録/管理に特化した「Credit Protocol(クレジッ トプロトコル)」の開発など、スマートコントラクトの概念を具現化するプロジェクトを行っています。ブロックチェーン業界では知らない人はいないといわれる人物であり、イーサリアムの共同創始者であるANTHONY DI IORIO(以下アンソニー)をプロジェクトアドバイザーに迎え、主に貸借/信用に関する情報を、イーサリアム上に記録し取引できる新しい仮想通貨のマーケットを創造しています。
<参考サイト:https://jp-announcements.blockmason.io/what_is_blockmason/

(1)イーサリアムを活用したCredit Protocolが可能にした「信用の記録」
世の中になくてはならないインフラとしてあらゆる業界での実用性も高まると期待
 BlockMasonがイーサリアムを活用したシステム(Credit Protocol)を使用することで、従来の単なるキャッシュフローだけに留まらず、企業/個人はより大きな経済活動を行うことが可能になります。また、債権/債務の発行だけでなく、将来的には与信審査やレンディングへ応用できる可能性もあります。
 このイーサリアムのブロックチェーンにBlockMasonのCredit Protocolを乗せることにより、誰がどの相手にどれだけの負債を負っているか、誰が誰に対していつの時点でいくら負債を抱えているか、ということを記録することができ、ピア・ツー・ピアの債権/債務の発行が可能になります。

(2)一般消費者向けモバイルアプリケーション『Lndr』リリース
 BlockMasonは2018年3月上旬を目標に、「Google Play」と「App Store」から購入できる、日常生活や仕事における契約関係(人と人が直接)の資金の貸し借りをする、一般消費者向けモバイルアプリケーション『Lndr(エルエヌディーアール・レンダー)』をリリースします。このリリースを機に、世の中になくてはならないインフラとしてあらゆる業界での実用性も高まると期待されています。

参考サイトhttps://consensysmediajapan.com/2865.html
BlockMasonリリースhttps://announcements.blockmason.io/blockmason-announces-key-partnership-to-expand-markets-in-japan/
<関連サイト>
Telegram https://t.me/blockmason
Youtube https://www.youtube.com/channel/UCqv0UBWjgjM5JZkxdQR7DYw
Twitter https://twitter.com/blockmasonio
FB https://www.facebook.com/blockmasonio/
Reddit https://www.reddit.com/r/blockmason/
 

 

https://blockmason.io/jp/

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る