2019.07.28ビットコイン・チャート分析

この先の動きとして考えられること
①私が引いた黄色の線と緑色の線がクロスしている。かつ長期線(茶色)にぶつかりそうになっている事もあり、今時点で反発する可能性が高いような感じがします。
しかし下落目線も、まだ強いのかなと思うので、②まで下がる可能性もあります。
さらに、③まで下がってから上昇する可能性もあります。
チャートに絶対は無いので、FXやる時は、こうやって予想しながら「買い」や「売り」を仕込んで、早めの損切りでリスクを取って行く方法が痛い目に合わない方法です。

※もうすぐ上がるんじゃないかと思うと、なかなか損切りできないものですが、そんな事を思っているうちに、どんどん下落し証拠金のマイナス(含み損)が増える一方で、結局は資金が底をつき強制ロスカットされ、大きく損をするのが落ちです。気をつけましょう。

【トレード用語集】
・証拠金
証拠金とは、FX取引含め金融派生商品を取引する際に、契約の成立や履行に伴う損益を確実に決済するために、取引されるお客様が取引先の会社に担保として預け入れる金銭のことを指します。
・ロスカット
予想に反して相場が動いた場合、損失が発生してしまいます。このとき、損失の拡大を防ぐ為に、損失が発生した状態で取引を止めること。剰余金がマイナスになると取引所によって強制ロスカットされます。
・レバレッジ
FXでは証拠金の仕組みを用いることで、預けた金額以上の取引を行うことができます。
たとえばレバレッジ10倍とした場合、1万円を預けて、0.1BTC(1BTC=100万円とした場合、10万円分)の取引を行う事ができます。
このように、レバレッジを効かせることにより少ない資金で大きな取引を行うことができることがFXの大きな長所です。
しかし、大きな取引ができるということは、利益も多くなる反面、損失の発生も大きくなるので注意が必要です。

※このチャート分析は何の保証もありません。
※投資は自己責任です。